Atelier Paris 11éme

パリのお菓子教室

✿レシピ✿ アールグレイのマドレーヌ

フランス定番の焼き菓子、マドレーヌです。このお菓子は18世紀にフランス・ロレーヌ地方の町コメルシーで誕生したといわれています。ロレーヌ公国のスタニスラス・レクチンスキー公主催のパーティで、シェフとパティシエが大喧嘩をし、出て行ってしまったパティシエの代わりにメイドが急遽作ったお菓子がこれ。でも、あまりのおいしさに、そのメイドの名前『マドレーヌ』がこのお菓子に名付けられたそうです。

仕事中の喧嘩とか、怒って出て行っちゃうとか、じゃあメイドに作らせちゃえ!とか、今も昔も本当にフランス人あるあるで笑っちゃうのですが、結果おいしいお菓子が誕生してよかった!ということで。

マドレーヌというと貝殻の形に焼くことが多いのですが、今回はオバール型で焼いてみました。お家のお好きな型で試してみてくださいね。ただし、くっつきやすい生地ですので、型にバターを塗って粉をはたく準備は忘れずに。。。

 f:id:atelierparis11:20200505042927j:plain 

アールグレイのマドレーヌ(6個分)

小麦粉 50g

ベーキングパウダー 小さじ1/3

ラニュー糖 30g

はちみつ 15g

卵 1個

バター 50g (溶かしておく)

アールグレイティーバッグ)  4g

作り方

①オーブンを180℃に予熱する。

②型にバターを塗り、小麦粉をはたく。(分量外)

③ボウルに卵とグラニュー糖、はちみつを入れよく混ぜる。

④小麦粉とベーキングパウダーをふるいながら入れ、さらに溶かしバターとアールグレイを加え混ぜる。

⑤冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

⑥型に生地を流し入れ、オーブンで約10分焼く。